Top >  メニュー >  自由にならない体

自由にならない体

"初めての妊娠は、女性ならそうだと思いますが、月経がこないことから、妊娠検査薬をし、反応が出て気づきました。
その後、産婦人科で診てもらって確実に妊娠をしていることがわかりました。
そのころは、あまり自覚症状がないのですが、だんだんとつわりが始まり、妊娠したんだなあと思いはじめます。
主人や周りにも報告し、おめでとうなどと声をかけられうれしい気持ちがしたものです。
つわりで、あまり食事がとれずしんどいのですが、不思議なのがまったく好物ではなかったものを食べたくなったりします。
はじめての妊娠のときは、なぜかラーメンがやたら食べたかったです。
つわりの時期をすぎるとだんだんとお腹が出てきます。
妊娠6ケ月には腹帯を締める月で、安産祈願に神社参りにいきました。
腹帯は、さらしでできた長い布ですが、お腹を固定するものです。最近はガードル式のものを使用します。
このころにお腹がでてきたために腰痛にもなりました。
本当につらくて起きていられませんでした。
妊娠は、お腹が大きくなり、体が不自由な思いをして赤ちゃんを育てる大変な期間なんですよね。"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所のイベント数って大切? お見合いパーティに参加する時にはどんな服装? お見合いパーティに参加する時の注意点は? お見合いパーティは誰でも参加できるの? 結婚相談所主催のイベントに招待されたら? 結婚できる人の条件って? 結婚できる人間になるためには? 見た目って大切? 結婚相手には何を求める? 結婚準備にはどんなことがある? 恋愛のチカラ 誕生日の特別なデート 結婚を決意した時が適齢期 結婚式と記念写真はセットのものではないでしょうか 写真だけでもいいのではと思います! 挙式なしは良かったけれど、デメリットも。 自由にならない体 夫が謝って、いつも解決。 ものすごく嬉しかったです